映画ハリーポッターと賢者の石感想評価

イギリスの小説家J.Kローリングが書いた魔法使いハリーポッターシリーズの第1弾「ハリーポッターと賢者の石」は世界中で爆発的なブームを起こしました。その小説を映画化したもので、世界中で上映された映画です。みなしごのハリー・ポッターは叔父に家でいじめられ、さげずまれながら学校へも行かず、精神異常扱いを受けながらみじめな暮らしをしていましたが、ある日彼の元へ一通の手紙が届きます。それは魔法学校への入学案内。ハリー・ポッターは実は魔法使いの子供で魔法界ではかなり名を知らしめた子供だったので大人たちの手で人間界に送り込まれたのでした。魔法使いとしての訓練を受けるのに十分な年齢になったので入学が許可されたのです。見たこともない魔法使いの世界へ足を踏み入れ、ロン、ハーマイオニーという親友を見つけ魔法使いとして成長し、数々の難関をくぐりぬけるファンタジー映画です。孤独だったハリーに転機が訪れ、多くの愛情を受けながら成長していくハリーの行く末はハラハラどきどきの波乱万丈ですが、8年にわたるシリーズですので彼の成長を楽しみながら見ることができます。この映画の見どころは最初に魔法使いの世界を描写をきっちりと視聴者を魔法の世界へ連れ込んでくれるところです。普段世知辛い現実の中で暮らしている私達を魔法の国へ引き込んでくれる魅力がたっぷりです。その為見ている私達もまるで魔法の国へ行ったかのような気持ちにさせてくれるから不思議です。見ているだけでなく、その世界へ入り込むことができる映画というよりはむしろ遊園地のような役割を果たしてくれました。この最初のシーンを見ているだけで、普段のストレスや不満がすーと頭から消えて行ってくれるから不思議です。映画と言うよりは遊園地、遊園地というよりは精神安定剤と言っても過言ではないでしょう。シリーズの中で一番強烈な印象を受けたのがやはりこの第1弾「ハリー・ポッターと賢者の石」でした。超多忙な方、ストレスを抱えている方、神経質な方等にはおすすめの映画でこの映画を見た後は「どうしてあんなつまらないことで悩んでいたのだろう。」という気にさせられるから不思議です。気分が軽くなり、肩に乗っていた物が軽くなっていきます。もう古い映画となりましたが、今でも多くのファンが残り、レンタルビデオのDVDもレンタル中の場合が多い作品です。ロングランの作品ですので一度ご覧ください。子供向き映画として作られていますが、大人も十分楽しむことができます。

イビサクリーム使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です