映画・ショーシャンクの空に感想評価評判

もう古い映画になるのですが、一時とても人気のでた作品です。エリート銀行員として平穏無事な生活を送っていた主人公がある日突然妻殺しの罪を着せられ、刑務所で暮らす羽目になりました。無実の罪を着せられみじめな刑務所暮らしが始まるのですが、もともと勤勉で誠実な性格な為、多くの人達から頼りにされます。刑務所の中で学のない人間に勉強を教えるという異例なことも始めました。その中でやはり自分は無実だったということが証明されます。しかし彼は元銀行員として会計や税金の知識を駆使して刑務所職員からすれば手放すことができない存在になっていたのです。その為、無実であったとしても刑務所から出ることはほぼ不可能でした。そして彼がとった行動というのはとても不可思議なものでした。20年近くの歳月をかけて壁に穴を掘り続けある日とうとう脱獄に成功したのです。刑務所職員の不正を公にし、名前を変え、職員の財産を新しい名前名義の口座に移し、最後は全く別人の人間として生まれ変わり、見事脱獄に成功しました。そして刑務所の中での親友を呼び寄せ、南国の島で幸せな余生を送ります。この映画の見どころは人間の忍耐と根気強さの素晴らしさをまのあたりにすることができたことです。刑務所からでることができないと判断した彼は長い年月をかけて、緻密な計画を練り、誰にも知られないように脱獄の計画を立て、実行に移しました。脱獄後の人生設計も完璧でラストシーンでは誰もがお口をあんぐり開けたことでしょう。誰もが想像すらしなかったラストシーンの素晴らしさは10年以上経った今でも頭から離れることはありません。奇想天外、意外、想像不可という言葉がぴったりのラストシーンは本当に見応えのあるものでした。つらい刑務所暮らしの中で明るい未来を夢見ながら、壁に穴を掘り続け、ついに脱獄に成功した時の彼の幸福感がよく伝わってくる映画でした。「人間は目標を持てば必ず、夢を叶えることができるのだ」ということを実感させられる映画でした。最初はみじめな始まりなのですが、終わりに近づくにつれてだんだんハッピーになっていきます。「刑務所の中でハッピー?」という少し想像しにくい映画なのですが、見てみると「納得」という気分になるでしょう。目からうろこが落ちる思いをさせられるような気分になるのですが、結末もなんの疑問もなく、すっきりきれいな終わりを告げているので「映画みたなあ。」という気分を味わうことができます。 ディフェンセラ 飲み方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です